「これでわかる算数」で算数の勉強

算数(入塾前)

子供の学習(算数)

先日は、娘の算数の学習にはドラえもんの漫画である「ドラえもん算数おもしろ攻略」が役に立ったことを紹介いたしました。

大人でも新しいことを学ぶというのはとてもエネルギーが必要なことだと思います。

娘は、今のところ算数が得意なようなのですが、ドラえもんの漫画によって、その必要なエネルギーが比較的少なくてすんだということでした。

今日は、その次の段階です。

前回は漫画を万能のように紹介してしまったかもしれませんが、ドラえもんの算数おもしろ攻略シリーズでは、各分野の要所をおさえているにすぎません。

この次の段階でいきなり問題集に進んでしまうと、ほとんどの問題で手が止まってしまい、とてもではないですが娘のモチベーションを保つことができなかったのではないかと思います。と、言うか、ダメでした。漫画に載っている問題と同じような、とても簡単に見える問題でも、子供にとってはそうではないようです。

娘のやる気を維持し、あるいは、引き出すためには、無理のない範囲で「自然に」次のステップに進む必要がありました。

そこで、学校の教科書レベルの参考書を使用しました。

本屋さんに行くといろいろな書籍がありました。その中で、手に取ったのが文英堂シグマベストの「これでわかる算数」です。

これでわかる算数
文英堂シグマベストの「これでわかる算数」
クリックで拡大します

こちらは、フルカラーでレイアウトが見やすいです。単元ごとに「教科書のまとめ」「例題と詳細な解説」「教科書のドリル」「テストに出る問題」「(単元によっては)入試レベルの問題」と、始めはわかりやすく、問題は徐々に難しくなっていくように構成されています。

問題ごとの余白が少ないことが弱点ではありますが、少しずつ難易度があがりながら繰り返し学習することになるので、無理なく「自然に」定着率をあげていくことができたのではないかと思います。

「これでわかる算数」に限りませんが、参考書で学習を進めると、その「網羅性」に安心できますね。例えば3年生の範囲を終えると、ひととおり3年生の学習内容をカバーできたという安心感があります。

娘は、「これでわかる算数」の4年生までを終えています。4年生の算数の範囲では、小数や分数、わり算や立体など算数も本格的になってくるという印象ですが、「ドラえもんの算数おもしろ攻略」のおかげと、「これでわかる算数」のわかりやすさと構成のおかげで、学習に大きな問題がでることはありませんでした。

次回は問題集ですね。

ご訪問ありがとうございます!応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

アドバイスや気軽な質問をお待ちしています!
この記事にコメントする

算数(入塾前)

Posted by ぜろパパ