【ケアレスミス対策】約分のスラッシュは少しだけ丁寧に

2022年6月20日ケアレスミス対策

塾学習

中学受験を目指す子どもたちはなぜか他人事で、親はその100倍は頭を抱えるはめにケアレスミス。

そんなミスに対して、娘と私はミストップ活動をずっと続けています。「ミストップ」は娘が自分で考えてくれた言葉で、「ミス」を「ストップ」させるための工夫や活動です。

最近、娘が解いた算数の計算問題です。

答えは正解のようです。

でも、赤の色鉛筆で矢印をつけたところが気になりました。

どうみても「3分の8」です。

問題を見ると、近くに「3分の2」がありますね。・・・ま、まま、まさかの転記ミス!?

・・・でも、答えはあっています。

娘に聞いても「3分の8」と読みました。

しかしながら、よくよく見てみると、これは「3分の2」の2を約分したときに、スラッシュがつながってしまって数字の一部となり、「3分の8」に見えるようになってしまったことがわかりました。

「なぁんだ、よかったよかった、一安心」

・・・では、ないです。

これがテストだとして、解いた後に少し時間がたって戻ってきて見直ししたら、「あれ?転記ミス?ん?どこで『8』が出てきた?ん?ん?」となってしまいます。

きっと、焦りだします。テストの残り時間があとわずかであれば、本当に見直しが必要な問題のための見直し時間を、ここで取られてしまうかも知れません。

ということで、「単なるスラッシュですら、識別可能なくらいには丁寧に書いたほうが良いね」、ということになりました。

ちなみに、確か佐藤ママだったと思いますが、「『1』や『7』との識別が難しいことから、スラッシュ(/)ではなく、バックスラッシュ(\)で約分する」という考えを提唱されていたと思います。

一応、娘にも紹介したためか、娘はバックスラッシュを心がけていることが見て取れます。

簡単な計算問題でも、娘も私も学ぶことがあると思って、油断せず本気で取り組んでいます。

中受ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いいたします!
参考になるブログもたくさんあります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

Twitterで娘への日々の小さなサポートを紹介し始めました。

カテゴリーごとのリンク

以下のリンクから「子供の学習-算数(5年生)」カテゴリの他の記事を探せます。
カテゴリ「子供の学習-算数(5年生)」へ

アドバイスや気軽な質問をお待ちしています!
この記事にコメントする

2022年6月20日ケアレスミス対策

Posted by ぜろパパ