赤シートで消える色は?最強暗記ペンで成績急上昇!?

2022年9月25日家庭学習

家庭学習

暗記と言えば赤シート

効率的な学習には必須なアイテムと言え、試験などの勉強で避けられない暗記の際には大活躍なものだと思います。

一般的な問題集や、中学受験の塾で使っているノート、塾の先生から配布されたプリントなどに、赤シートで隠して暗記学習できるように自分で記入する場合、何色であればきちんと消えるのかよくわからなかったりします。

赤シートなら赤でしょということで赤ペンで書いてみたら「透けて写って文字が見えるんですけど」という失敗もありがちです。

中学受験の疑問や悩み

悩み中

赤シートを使った暗記に、最適な色は何かしら?
中学受験の疑問や悩み

悩み中

暗記ペンの比較サイトたくさんあるわよね。サラサクリップのオレンジかピンクで決まりでしょ?
中学受験の疑問や悩み

悩み中

暗記用のペン、書き間違いで困っているのよね・・・

娘が新4年生で入塾する前の話になりますが、私も比較サイトをたくさん拝見した上で、評判の高いゼブラのサラサクリップ・オレンジを大人買いしたものの、いざ使い始めてみたら、不都合が生じてしまいました。

そして、色々な暗記ペンを試し、どこのサイトでも紹介されていないどころか、誰も使っていないだろう隠れた最強の赤シート用暗記ペンにたどり着きました。

本ブログ記事では、赤シートで消える色や暗記用ペンについての疑問にお答えし、解決を目指します。

ツイッターのぜろパパページ

みんなはどんな赤シートで消える色を使っているの?

まずは検索で出てくる既知の情報を確認しました。

結論として、以下のようにまとめられます。

赤シートなしのとき 赤シートありのとき
オレンジ 見やすい きちんと消える
ピンク 見やすい きちんと消える
見やすい 透けて見えてしまう
黄色 見にくい きちんと消える

多くの方が赤シートなしで見やすく、また、赤シートありできちんと消える「オレンジ」か「ピンク」を選んでいるようでした。

暗記用に隠したいのに薄く見えてしまう「赤」や、赤シートを外したときに書き込んだ正しい答えが確認しづらい「黄色」は選びにくいですよね。

そして、「オレンジ」か「ピンク」のどちらの色を選ぶかは、完全に好みで決まる印象でした。どちらかといえば赤に近い「ピンク」もいいですが、発色が鮮やかな「オレンジ」の方が、当初、私や娘は好みでしたね。

また、ジェルタイプのボールペンが書き心地がよく、また、筆圧をかけなくてもインクがよく紙にのることもあり人気なようでした。特にゼブラのSARASA CLIPがベストという評価が目立っていたように思います。

つまり、ゼブラ「SARASA CLIP」の「オレンジかピンク」が、一般によく使われているのではないかということになります。

ゼブラ 水性 ジェルボールペン サラサクリップ オレンジ ゼブラ 水性 ジェルボールペン サラサクリップ ピンク

どのオレンジとピンクのペンを選べばいいの?

ということで、ゼブラサラサの「オレンジかピンク」を選んでおけばハズレなことはないと思いますが、一応、いくつか他のボールペンも試してみることにしました。

試すことにしたのは、ゼブラの「サラサクリップ」のライバル(?)、なめらかでにじまないゲルインクボールペンを強みとする、三菱鉛筆の「ユニボール シグノ」です。

また、中にはジェルタイプが嫌いという方もいると思うので、オレンジやピンクが販売されていため赤のみとなりますが、ゼブラ内で「スラリ」と「ジムノック」も試しました。

スキャナの性能のためか、実際に目視で確認できる色と結構違いがありますね。。。画像処理ソフトで色調を補正しても再現できなかったので、元の画像をそのまま載せますが、本物の色は、全体的にもっと鮮やかでキレイな色に見える感じです。

ともかく、これに赤シートをかぶせてスキャンすると・・・

こうなりました。

これも画像では確認しにくいですが、サラサクリップは赤シートできれいに消えているのに対し、ユニボールシグノはピンクもオレンジも薄っすらと線の跡が見え、スラリとジムノックも同様でした。

でも、サラサクリップを使った場合でも、ゆっくりと書くなどインクをたくさん紙にのせてしまうと線が見えてしまうこともあるし、ユニボールシグノを使った場合でも、さっと書くようにすると線は見えなくなったりします。

また、サラサクリップでも筆圧を高くすると、紙をえぐる形になってしまうので、赤シートをかけたときに線が見えてしまいますね。

いくつか書くときの注意点があるものの、それはどのペンにも言えることなので、やはり、サラサクリップがナンバーワンとなりました

書き間違えたときに消して直せるペンは?

そんなわけで、娘の通塾開始前にサラサのオレンジが最強だと確信して大人買いしました。

しかしながら、そんな最強暗記ペンであるサラサのオレンジ、今ではほとんど使うことなくホコリをかぶってしまっています

赤シートで隠すためにノート、プリント、問題集にペンで書き込んでいく場合、ほとんどの場合は答えを見ながら暗記用のペンで書き写すという簡単な作業をすることになると思います。

ところが、実際にやってみると、意外と結構な頻度で書き間違えが起きてしまいます。これは愛する我が子に「なんで転記ミスなんてするの!」とか言ってる場合ではないです。

書き間違えた部分に修正テープを貼って「今度こそは!」と思いながら慎重に答えを書こうとしたら、何故かまた間違えてしまい、修正テープが2層にも3層にもなるということもありました。

そこで、赤シートで消せる暗記用のペンは、書き間違えたときに消せた方が便利ということになります。

つまり、赤シートで消える色で、かつ、消せるのが最強の暗記ペンなのでは?」ということですね。

消せるペンと言えば、パイロットのフリクションでしょう。ここで急遽エントリーです。

フリクションのオレンジが赤っぽく見えますが、一応、目視ではきちんとオレンジに見えています。。。

そして、赤シートをかけると・・・

あまりはっきり見えないので、なんのための画像かと思われる気がしてならないですが、パイロットのフリクションは、ピンクとオレンジではきちんと線が消えており、レッドでは薄っすらと完全に消えてはおらず、薄っすらと線が確認できてしまいます

やはり、フリクションでもオレンジかピンクを選んでおくのが良さそうですね。しかも、消すことができますので、もはや弱点もないはず・・・と思ったら、そうでもないわけです。

フリクションの弱点、それは、消すために摩擦熱を用いているため、一度消してすぐに同じ場所に書こうとすると書きづらいということです。

こんな感じに、かすれたような線や文字になってしまうのですよね。。。

また、使っているうちに消しゴム(?)部分が汚れてきて、これを使って紙をごしごしすると、その汚れが紙に移ってしまって、大事な大事な暗記用のノート、プリント、問題集が汚くなってしまいます

勉強は汚してなんぼという考えもあるかもしれませんが、こういう不要な汚れは可能な限りなくしたいものです。

フリクションボールペンは、私自身の日常生活での利用や勤め先の業務利用で大変助かっていて、とても優れた商品だと思っているのですが、少なくとも私たちにとっては、消せると言っても欠陥があるので、赤シートを使った暗記学習に、フリクションを使おうとは思えませんでした

また、パイロットのホームページでも「フリクションシリーズは温度で変化する特長を満たすため、特殊な添加剤を配合したインキを使用しています。そのため、筆記距離は一般的な水性ボールペンと比べ短い設定となっています。」となっているように、明らかに一般的なボールペンよりもインクが無くなるのが早いので、コストパフォーマンスがいまいちなのもマイナスポイントですね。

フリクションボールノック オレンジ

フリクションボールノック ピンク

赤シートで消える色と最強のペンは?

困ったものだと思っていたのですが、灯台もと暗しとは良くいったもので、身近に最強ペンがありました

娘と私は、通塾開始にあたり、授業で使う文房具を検討していたのですが、黒はシャープペンとして、赤や青のカラーについては、いろいろと検討した結果、一般的だろう色鉛筆やボールペンではなく、カラーのシャープペンを使うことにしました。

実際に使っているのは、さきほど紹介した三菱鉛筆の製品で「ユニ ナノダイヤ カラー芯」なのですが、ホームページでは、「墨芯シャープと同等の消去性があり、消しゴムで消して書きなおすことができるカラー芯です」とあるように、消しゴムで消せることを売りにしているシャープペンの芯なのです。

丸付けなどで愛用しているダイソーの赤の色鉛筆に比べると薄いですが、ピンクやオレンジではなく、はっきりと赤と言える色になっています。

また、消しゴムで消してみると、たしかに問題なく消すことができています

そして、赤シートをかけてみると、画像でも目視でも、赤い線がきちんと消えます

試したことなかったですが、さりげなくダイソーの赤の色鉛筆もきれいに消えてますね。

ということで、娘が新4年生で入塾したときから、授業などでの赤のメモも、暗記用の答えの書き込みにも、我が家では、

三菱鉛筆の「ユニ ナノダイヤ カラー芯 赤」

ユニ ナノダイヤ カラー芯 レッド

ユニ ナノダイヤ カラー芯 ブルー

を使用していて、これこそが「赤シートで消える色は?最強暗記ペンは?」の問いに対する、我が家の解答となります

ちなみに、この「ユニ ナノダイヤ カラー芯」ですが、「青」の発色具合がとても良く、私も娘も大のお気に入りです。

私は中学受験教材の解答解説に注釈をつけるときなど、娘は算数・国語・理科・社会の教科によらず直しの際に使っていますが、鮮やかで読みやすい青色で、さらには自由に消せるというのは大変便利と思っています。

まとめ

今回の記事では、赤シートで消える色と、成績急上昇のための最強暗記ペン(?)を考察してまいりました。

暗記を効率的に進めるには必須なアイテムである赤シートと暗記用のペン。

世間の評価はゼブラのSARASAクリップのオレンジまたはピンクが圧倒的な印象で、書き間違えたときに消せないことを許容できれば、これが最強暗記ペンの1つであることは私も支持します。

一方、消せないことが致命的である場合、フリクションが多くの人にとっての第一選択だと思いますが、フリクションには消した後に書きにくい、消しゴム部分の汚れが移って落ちないという欠陥もありました。

そこで、消せるシャープペンのカラー芯で、赤シートでもきちんと消える、三菱鉛筆の製品「ユニ ナノダイヤ カラー芯 赤」を紹介いたしました。

この製品がなかったら、私の暗記教材作成スピードが落ちるなどして、冗談抜きで娘の偏差値が5くらいは下がっていたかもしれません。

この記事が、赤シートで消える色や最強の暗記ペンをお探しのみなさまの参考になれば幸いです。

参考になるブログがたくさんあります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ ⇨ 中学受験を目指すブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ ⇨ 2024年受験の参考になるブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ ⇨ 早稲アカ仲間のブログへ

Twitterで娘への日々の小さなサポートを紹介し始めました。

以下のリンクから「家庭学習」カテゴリの他の記事を探せます。
カテゴリ「家庭学習」へ

アドバイスや気軽な質問をお待ちしています!
この記事にコメントする

2022年9月25日家庭学習

Posted by ぜろパパ