社会(小4下第2回):関東地方も工芸品がたくさん

2021年10月6日塾学習,社会(4年生)

子供の学習(社会)

記事を読んでみて参考になったら、よろしければ、こちらか最後のリンクから応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

仕事を除くと、結構な割合が中学受験に使われている私の時間ですが、必要とあれば、もちろん中学受験に関係ないことも力を注ぎます。

職場の中学受験率がとても高いことは何度か書いてきたような気がしますが、女の子をお持ちの男性の同僚で、いろいろと話しを聞くに、目立った反抗期がなかったという同僚が少なくないのです。一方で、私自身には姉や妹がいませんでしたので、女の子の反抗期を見たことはないのですが、それはそれは考えるだけで父親にとっては恐ろしいもので、しかも、避けることができないという、想像しただけで絶望するしかないような話も聞いたことがあります。

でも、中学受験を通じた信頼関係によっては、もしかしたら「娘の反抗期回避が可能なのかも」という淡い期待を少なからず期待しています。

そのような中、ここは一つ、父と娘についての一般論を仕入れようかと考え、以下の、娘三部作(?)を購入しました。これで理論も万全です。なわけないとは思いますが、少しでも悪あがきしようと思っています。ということで、今日は社会です。

パパのための娘トリセツ
パパのための娘トリセツ
¥1,430
Amazonへ

娘のトリセツ
娘のトリセツ
¥902
Amazonへ

21世紀の「女の子」の親たちへ
21世紀の「女の子」の親たちへ
¥1,650
Amazonへ

概要

早稲田アカデミーでの、社会、予習シリーズ後期第2回は「ふるさとじまん(2)~関東地方~」でした。

今回の授業も、テキストに載っていないことも補足しながらのテキストベースだったようで、本文に書いてないことを色々と教えてもらったようです。

今回の予シリ後期第2回「ふるさとじまん(2)~関東地方~」のポイントを3つだけ挙げるとすれば、以下でしょうか。

白地図(平地、川、山・山地・山脈など)
農業等:茨城の記述がほとんどないのが気になりますが。。。埼玉:ねぎ・ほうれんそう・きゅうり、千葉:しょうゆ・らっかせい、群馬:こんにゃくいも、栃木:かんぴょう、いちご、乳牛
人工集中や過密などの都市問題:最後のページにありますね。カリキュラムテストや組分けテストは、暗記で終わるような問題が多いですが、こういった社会問題の方が、後々大事になってくるように思います。

前回の北海道・東北に引き続き、「社会=ザ暗記」ですね。テストは暗記できていれば高得点を期待できてしまいますが、この先、思考力が要求される問題が出てくることを考えると、気になったところは調べるなどして知識をより広範囲に広げながら、また、覚えた知識を応用できるように次の疑問を持つようにしたいところですね。

暗記ノート(補助教材)づくり

ここからが、恒例の補助資料作りです。

毎回、暗記ノートと読ぶ補助資料を作っています。暗記ノートについては、以下のページで紹介しています。

私のサポートは主に絵を用意することになります。予シリに加え、参考書として「?に答える!小学社会」、「小学高学年 自由自在 社会」を使っています。また、「Z会 入試に出る地図 地理編」、「Z会 グレードアップ問題集 小学3・4年 社会」も該当範囲は資料としていれます。統計データは、もちろん「日本のすがた」ですが、早稲アカの「都道府県マスター」もランキングについてはかなり細かく載っていますね。あとは、「くらべてわかるできる子図鑑 社会」も導入しています。さらに、私自身が読んでみて気になったところなどについては、Googleで見つけた画像や注釈をコピーします。これらをうまく並べ替えて、パワーポイントにまとめて資料集を作ります。

地図。テキストによって特徴がありますね。予習シリーズはとりあえずスカスカで、参考書・図鑑では載っているものと載っていないものがあったりします。少しずつプラスアルファで覚えていってほしいと思い、良いところどりできるように各テキストの図を並べてみることができるようにしています。「文字だけだとわかりにくいから地図を多めに」ということなのですが、文字は文字でわかりやすいので、「くらべてわかるできる子図鑑 社会」から文章での都道府県の特徴を抜粋しています。つまり、「?に答える!小学社会」「小学高学年 自由自在 社会」「Z会 入試に出る地図 地理編」の地図+「都道府県マスター」「くらべてわかるできる子図鑑 社会」の都道府県ごとの文章を1か所にまとめています。

農作物、畜産ランキング。ベスト3に関東地方の都道府県があるものを抽出してみると、こんにゃくいも、きゅうり、キャベツ、なす、ほうれんそう、ねぎ、にんじん、だいこん、さつまいも、レタス、はくさい、うめ、いちご、すいか、びわ、メロン、日本なし、採卵鶏がありました。ベスト5とか、「日本のすがた」に載っているもの全部で抽出するとさらに増えてきりがないですね。なるべく語呂合わせを用意して資料に入れます。

工業。まだ習っていませんし覚えませんが、資料だけは作っておきます。5年生になってからも使い回すので。参考書は意外と見にくく、Googleで探した方がより整理された情報をとれたりもします。

自然・世界遺産。やはり文字だけで写真がないと全くイメージがわきませんので、写真を探してぺたぺた入れます。予習シリーズテキストに限らず、私が参考書を読んで気になったところなども入れてみます。水郷とか関東ローム層とか。

(伝統)工芸品。予習シリーズには載っていなくて、参考書などの工芸地図を見ると載っていて、いかにもこの先覚えることになりそうな雰囲気です。群馬の桐生織、栃木の益子焼、埼玉の雛人形・鯉のぼり、神奈川の箱根寄木細工・鎌倉彫など。写真はほとんどGoogleで調達です。

都市問題。過密が取り上げられていたので、ドーナツ化現象やヒートアイランド現象も、ついでによく聞くフェーン現象なども入れてみました。

新幹線。サピックスの白地図にも載っているので、きっと大事なのでしょう。地図、路線、駅、新幹線の愛称などを入れてみます。今から必死に覚えなくても、ぱらぱら見てる間に少しずつ記憶にのこるかなと期待しています。

あとは、いつもどおり、ここぞとばかりに漫画の出番ですね。やはり中学受験の勉強に役立つこと間違いなしなのは、圧倒的な情報量の「まんが47都道府県研究レポート」ではないかと思います。他、有名どころでは「おいしい日本地理」ですが、「まんが攻略BON 中学入試 地理 上巻(産業などの視点)」「まんが攻略BON 中学入試 地理 下巻(都道府県の視点)」「まんが攻略BON 中学 地理」「マンガでわかる中学社会 地理」を用意していて、娘をうまく誘導しています。子供にとっては息抜きのはずが、実は勉強になっていて親としてはムフフとなる「漫画」は本当におすすめです。

あとは、読み物として「合格する地理の授業 47都道府県編」と「合格する地理の授業 日本の産業編」ですね。大変読みやすく、参考になる情報がたくさん載っています。週末など時間があるときに、該当する部分を娘に読んでもらっていきます。

組分けテストの目標偏差値ごとの学習

偏差値50を目指すには

偏差値50を目指すには、比較的覚えやすいであろう、予習シリーズで写真や絵が掲載されているもの、そして、太字を中心に覚えると良いのではないかと思います。理科と同様、文字列でちょっと書いてあることを覚えるには相当な気合で望む必要がありますが、写真があれば、文章とつなげて理解しやすく、記憶にもある程度残りやすいのではないかと思います。

今回、写真を始めとして図表が用意されているのは、流域面積の定義、農業などの特徴もイラストで入っている地図、埋め立てで境界がはっきりしている東京湾、国会議事堂、横浜港、小笠原諸島、さいたま新都心成田国際空港偕楽園の梅、こんにゃくいも、とちおとめ、屋敷森ですね。太字は、特に問題集でもよく聞かれていた印象です。

偏差値60を目指すには

問題集はきちんと解いて、わからなかった問題は単に答えを書き写して終わりではなく、解説が用意されていればしっかりと読み、予習シリーズテキストに戻って周辺部を読んで知識をつないでおくと良いと思います。

都道府県ごとの説明はまとまっているようで案外そうでもなく、文ごとに独立している説明で繋がり無く覚えにくいですが、そこを頑張って覚えたいです。予シリのキャラクターが出てきてコラムのように扱われている部分もテストではしばしば聞かれるので、東京湾、小笠原諸島、防風林、都庁所在地、日本三名園、中禅寺湖もきちんと理解しておきたいです。

偏差値70を目指すには

満点をとっても、偏差値70を出すことができないため、必然と満点を目指すことになります。取りこぼしがないように、問題集で穴を埋めて安心するのではなく、再び予習シリーズテキストに戻って知識をつなげるとか、参考書を併用して理解を深めることが要求されると思います。

ただ、組分けテストで満点を目指すよりも、サピックスなどを意識して、どうすれば知識の幅を広げられるかということを考える方が良いのではないかと思いながら学習を進めたほうがよいのかなと思っています。

テスト結果

社会の4年生後期カリキュラムテスト第1-2回はステキ成績でした。暗記する、問題集を解いて穴を見つけて再び暗記、テキストや参考書を読んで知識をつなぐ、という流れがうまくできています。理科はともかく、社会はテストの点数を少しくらい犠牲にしてでも、テストに出ないだろう周辺情報の理解に力を入れたほうがいいような気もしています。

*主観的な評価です。ステキ成績:点数か順位か偏差値が良いか、前回と比べて上がったなど、私と妻と娘で喜んだ成績です。むむむ成績:もう少し頑張れた気がするものの、きちんと復習することで挽回できそうな成績です。たいへん成績:一通り復習する程度では挽回できなそうな、苦手認定と本格的な対応が必要な予感のする成績です。

ご訪問ありがとうございます!記事を読んでみて参考になったら、よろしければ応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

カテゴリーごとのリンク

以下のリンクから「子供の学習-社会(4年生)」カテゴリの他の記事を探せます。
カテゴリ「子供の学習-社会(4年生)」へ

以下のリンクから「塾学習」カテゴリの他の記事を探せます。
カテゴリ「塾学習」へ

アドバイスや気軽な質問をお待ちしています!
この記事にコメントする

2021年10月6日塾学習,社会(4年生)

Posted by ぜろパパ