8月8日に早稲田アカデミーの小3サマーチャレンジテストを受験しました~前半

模試

模試

先週土曜日の8月8日に、早稲田アカデミーの小3サマーチャレンジテストがあり、娘が受験してきました。

早稲田アカデミーによると、サマーチャレンジテストは「基礎的な力が備わっているか」、「持っている知識や技術をどのように応用できるか」、「初見の問題をどれだけ論理的に思考できるか」などを測定できるテストということになっています。

早稲田アカデミーは1年生と2年生のテストとして「キッズチャレンジテスト」を行っています。娘が1~2年生のときは、全国統一小学生テストは予定があって受けなかったりして、開催頻度の高い早稲アカのテストをよく受けていました。受験目的としては、学校とは違う雰囲気のテストを受けて場馴れしてほしかったことと、学校では比較的勉強ができることに過信しないでほしいと思ったためでした。

さて、3年生からは「キッズチャレンジテスト」が無くなるので、8月の「サマーチャレンジテスト」と来年1月の「冬期学力診断テスト」しかないようです。今年3月の「春のチャレンジテスト」も中止になってしまいましたし、今までたくさん受けていた早稲アカのテストがあまりなく寂しい限りです。

というのも、日能研の全国テストや四谷大塚の全国統一小学生テストと比べて早稲アカのテストはまさに「過酷テスト」な印象なんですよね。全国統一小学生テストについては、今年3月に受けてみたら思った以上に過酷度が増していて早稲田アカデミーのテストと変わらない感じで、これが小学3年生のテストなのだなとは思ったものですが、早稲アカのテストは小学校1年生や2年生でも容赦なしというイメージでした。

制限時間も短く、問題数も多く、ついでに各問題誘導もあまりなく難しい、という3拍子揃ったテストで、娘が小学1年生のときは算数も国語も平均点をとるのがやっとなこともありました。その時、娘の点数へ注目する以上に、全体の点数の分布などを見て、「この問題でこんな点数を取れる人がこんなにいるのか・・・」と思い、私が子供の頃にそうだったように学校の宿題だけやっている人で早稲アカのテストに対応できる天才が多いとは思えず、「世の中、こんなに頑張ってる子供がいるのか(私が遊ぶことしかしていなかった子供のときにも頑張っていた子供が当たり前のようにいたのか)」と考え、中学受験への興味を与えてくれた1つのきっかけでもありました。

これまでの履歴を見ると、早稲アカのテストの受験生は、全国統一小学生テストには遥かに及ばず、日能研の全国テストの半分以下という感じです。2年生のときの受験生数は以下の通りでした。

  • 2019/6/29 小2 夏キッズチャレンジテスト 972人
  • 2019/8/24 小2 サマーチャレンジテスト 918人
  • 2019/11/30 小2 冬キッズチャレンジテスト 1455人

今回は3年生になって中学受験を意識する人が増えているとは思いますが、一方で、COVID-19もありますし、2,000人に届くのかなぁと思っています。

なお、このテストでは、正規受験または当日午後受験をされた場合を対象に特待認定を受けることができるようです。その適用期間は2020年9月から2021年1月となっていて、以下の割引を受けることができます。

  • 総合成績が100位以内(A特待):小3ジュニアコース 基本コース 5か月(9月~1月)が無料で、冬期講習会費は半額
  • 総合成績が101位~250位(B特待):小3ジュニアコース 基本コース 5か月(9月~1月)が半額で、冬期講習会費も半額

なにかと高額な塾の費用が抑えられるので、とても助かりますね。ただ、調べて見る限り、ここまで対象が広いのは今だけで、4年生になると対象がずっと狭くなり特待を得るのは容易ではなくなるようです。転塾はいろいろと大変なので、低学年のうちに囲い込みをしておくという考えですね。

ちなみに、小学校2年生でも特待生度があります。ただ、3年生よりは厳しい基準のようです。結構な上位の成績だったことがあり、上記でいうと余裕でA特待でしたが、早稲田アカデミーからの電話ではB特待のお誘いでした。3年生だけ特待認定がゆるく、他が厳しいということになりますね。

さて、今回のテストでは、受験中の説明会があったのですが、ちょっと気になる情報がありました。塾生と外部生の平均点についてです。

過去3年間のそれぞれの平均点を紹介され、塾生の方が概ね5~10点前後平均点が高いということでした。ただ、差がつかないときでは塾生と外部生で本当に差がつかず、差がつくときは15点ほど差がつくこともあったようでした。

ただ、先生は「テストに出ている問題の中には、塾の授業で似た問題を扱ったこともある問題が含まれている」とおっしゃっていました。

そうなると、その上で塾生と外部生の差がこの程度では、塾に通う意味はほとんどないのではないかなと思ってしまいました。もちろん、家で勉強できないとか、学習習慣をつけるためとか、塾の席の確保とか、いろいろな理由で塾に通うメリットは有るのだと思います。

一方で、調べれば調べるほど、中学受験のカギを握るのはあくまで「家庭学習」となるようで、「低学年のうちに」「家で」「学習習慣」をつけるような工夫が必要ではないかと考えてきました。そして、もしそれができるのであれば、少なくとも小学校3年生までは塾はいらないし、できないのであれば3年生のうちになんとかしておく必要があるのかもしれないと思って今に至っています。

一応、娘は塾の体験授業は受けたことがあり、その時はとても楽しかったそうでした。当時は中学受験をまだ気楽に考えていたこともあり(今でもですが、今以上に)通わせるつもりは皆無でした。今回の件で、少なくとも娘にとっては通うのはやめておいてよかったと思ってしまいました。

長くなりすぎてしまいました。次回、また続きについて書かせていただきたいと思います。

ご訪問ありがとうございます!応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

アドバイスや気軽な質問をお待ちしています!
この記事にコメントする

模試

Posted by ぜろパパ