「ハイレベ100 小学3年 算数」で算数の勉強

算数(入塾前)

子供の学習(算数)

今回は、入塾前に娘が使った算数の市販教材である、「ハイレベ100 小学3年 算数」について紹介します。

記事を読んでみて参考になったら、よろしければ、こちらか最後のリンクから応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

「ハイレベ100 小学3年 算数」は、どんな教材?

ハイレベ100 小学3年 算数
ハイレベ100 小学3年 算数
クリックでAmazonにジャンプします

「ハイレベ100 小学3年 算数」は、「奨学社」から出版されている、小学校3年生の算数の内容に対応した問題集です。A4判のサイズで、ページ数は約100ページとなっています。

奨学社は、京阪神地区で幼児教室や小学校低学年進学塾の運営をしている企業です。一方で、有名小学校受験用問題集、小学校入学準備用問題集、中学受験向け小学生用問題集、児童書などを出版する事業も行っています。

「ハイレベ100 小学3年 算数」は、書名の通り全100回分の問題を収録しています。1回分は、100点満点の問題となっていて、黒と青の2色刷りとなり、まさに「問題集」という印象を受けるものとなっています。

「ハイレベ100 小学3年 算数」は、中学受験の算数をかなり意識した算数の問題集となっています。各テストには目安となる制限時間が設けられ、また、合格点も設定されていますので、この時間を元に学習をすすめるのが良いと思います。

「ハイレベ100 小学3年 算数」は、どんな構成になっている?

「ハイレベ100 小学1年 さんすう」、「ハイレベ100 小学2年 算数」と同様に、各単元の問題が3段階に分かれています。簡単な方から、「標準レベル」、「ハイレベル」、「最レベ」となっていて、順に難易度が上がるようになっています。構成上は1回のテストが1ページですが、ページの左右が分かれていて、割り付けられた状態で問題が掲載されています。そのため、左右で2ページとすれば、標準レベルが4ページ、ハイレベルが3ページ、最レベが1ページで1つの単元となっています。

「標準レベル」は、教科書レベルの基本的な問題が掲載されていて、目的としてはその単元の基礎をしっかりと身につけることになります。「ハイレベル」は、標準レベルより少し難しい問題が掲載されています。そして、「最レベ」となると、その単元の最高レベルに挑戦しようという位置づけとなっています。「最レベ」の問題の難易度としては、別売りの「最レベ問題集」の最レベ問題と同等レベルの難しさの問題ということになりますが、いずれにしても、「ハイレベ」や「最レベ」の問題を解くことで、より高度な知識を習得することを目的とすることになります。

なお、いくつかの単元が終わると、リビューテストがあります。こちらも合わせて解くことで、各単元の問題を何度も復習することになりますので、より正確な知識を身につけることができます。

学習の進め方としては、易しい方から難しい方へと難易度をあげていくよう、標準レベル、ハイレベル、最レベと進めていきます。

ハイレベ100 小学2年 算数
ハイレベ100 小学3年 算数
クリックで拡大します。

「ハイレベ100 小学3年 算数」の目次は?

「ハイレベ100 小学3年 算数」の目次は、以下の通りとなっています。

1. かけ算(1)
2. わり算(1)
3. 表とグラフ(整理と表)
4. 水のかさ
5. 時こくと時間
6. わり算(2)(あまりのあるわり算)
7. 長さ
8. たし算・ひき算(上の学年の内容もふくむ)
9. かけ算(2)(かけ算の筆算)
10. 大きなかず
11. いろいろな形(上の学年の内容もふくむ)
12. 重さ
13. かけ算(3)
14. 箱の形
15. 分数
16. 小数
17. 円と球
18. わり算(3)
19. 等号
20. □を使った式
21. 文章題特訓(1)
22. 文章題特訓(2)
23. 文章題特訓(3)
24. 算術特訓(1)(場合の数)
25. 算術特訓(2)(規則性)

「ハイレベ100 小学3年 算数」に娘はいつごろ取り組んだ?

娘が小学校2年生の半ばとなるころ、中学受験に挑戦してほしいと考えるようになりました。そして、娘は「ハイレベ100 小学3年 算数」を、小学2年生の後半のときに学習しました。素直に、始めのページから最後のページまで1ページずつ順番に進めていきました。

「ハイレベ100シリーズ」は、中学受験を目指す低学年用の教材の中では最も易しい部類の問題集のようです。とはいえ、学校レベルの算数と比べてみると、大きな乖離があると言わざるを得ないと思います。計算問題も掲載されていますが、学年を追うごとに計算問題の比率は減っている印象です。さらに、目次にあるとおり、最後には文章題特訓、算術特訓として、中学受験算数特有の問題が出てきます。

娘は計算については大きな問題がなかったものの、上記のとおり計算問題が減っていますので、水のかさ、時こくと時間、重さ、などなど、標準レベルでもたびたび間違えておりました。1周終わったら間違えた問題だけ解き直し、そこでもまた間違えたら3周目でやり直すというように復習をし、結局、全部解けるようになるまで、最大で3回解くことになりました。なお、計算ミスの場合にはやり直しはしませんでした。

「ハイレベ100 小学3年 算数」をやってよかったか?おすすめか?

中学受験を意識した場合、文理が出版している「トップクラス問題集」や、「ハイレベ100シリーズ」と同じ奨学社が出版している「最レベ算数問題集」が評判が良いようです。これらの問題集は大変難しいため、学校レベルの算数が分かる程度では太刀打ちできない可能性が高いです。

娘は最終的に「トップクラス問題集」に取り組んでいます。この問題集は、学校の教科書レベルと比べると、極めて大きな差がある問題集です。また、私の好きなZ会のグレードアップ問題集とも明らかに差があるほどのレベルとなっています。

娘がすぐに挫折することが容易に想像できたため、その準備運動として、「ハイレベ100 小学3年 算数」に取り組みました。その結果として、「ハイレベ100 小学3年 算数」には中学受験の算数の基礎の要素が多く含まれており、「トップクラス問題集」の前の準備としてとても役に立ちました。

中学受験を意識している方には、易しすぎず、また、難しすぎないため、「ハイレベ100 小学3年 算数」はとてもおすすめできる教材なのではないかと思います。この問題集と解くということは、「標準レベル」「ハイレベル」「最レベ」と、難易度を上げながら学習することになります。「最レベ」をきちんと理解できていれば、さらに難しい「トップクラス問題集」のような教材もスムーズに進めることができるかと思います。

「ハイレベ100 小学3年 算数」は塾のテストの対策になるか?

「ハイレベ100 小学3年 算数」は中学受験を考えている低学年向けの問題集です。塾の模試は中学受験を考えている低学年向けのテストとなりますので、扱う問題は自然と似てきます。

実際に、四谷大塚の全国統一小学生テスト、日能研の全国テストおよび学ぶチカラテスト、早稲田アカデミーのチャレンジテストで、直接的に似たような問題を見たことがあるので、紹介したいと思います。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑水のかさの単位をきちんと理解するのは低学年では簡単ではありません。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑時間も同様です。だからこそ模試では頻繁に問われます。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑文章を図にまとめることができるかがポイントかと思います。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑簡単そうな問題でも図にする習慣をつけたいところです。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑同じような問題がテストで出ましたね。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑普通に消去算ですね。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑カード並べ。娘は苦手でしたが、練習で克服できました。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑塾のテストでしょっちゅう見ている気がします。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑さりげなく植木算ですが、きちんと解けるようになっておきたい問題ですね。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑円がいくつも重なっている問題も何回か見ています。

ハイレベ100 小学3年 算数

↑やはり図を書けるかどうかですね。このレベルの問題で説明を求めたときにすらすら話せると安心です。

ご訪問ありがとうございます!記事を読んでみて参考になったら、よろしければ応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村


>ハイレベ100 小学3年 算数
奨学社
価格:880円(税込、送料無料)
Amazonへジャンプします

>ハイレベ100 小学3年 算数
奨学社
価格:880円(税込、送料無料)
楽天ブックスへジャンプします

ご訪問ありがとうございます!記事を読んでみて参考になったら、よろしければ応援クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

以下は、参考記事です。

以下のリンクから「子供の学習-算数(入塾前)」カテゴリの他の記事を探せます。
カテゴリ「子供の学習-算数(入塾前)」へ

アドバイスや気軽な質問をお待ちしています!
この記事にコメントする

算数(入塾前)

Posted by ぜろパパ